手間をとるか、費用をとるかで処分法を選ぶ

家電断捨離記

廃棄処分する方法

リモコン

処分方法ごとにメリットがある

テレビや冷蔵庫など、家電リサイクル法で指定された家電を処分する方法は大きく3つに分けることが出来ます。方法によってかかる費用や手間が違うので、タイミングに応じて選ぶと良いでしょう。

販売店に処分してもらう

家電は家電量販店などの販売店で取り扱われていますが、販売店は基本的に使い終わった家電を回収するための窓口も設けています。そのため、購入した販売店に依頼することで不要な家電を処分してもらえるでしょう。

スピーディーに処分したいなら

近場の廃棄物処理業者に、家電の処分を任せることも可能です。依頼してすぐに来てもらうことが可能なので、手早く処分したい場合に最適な方法と言えるでしょう。ただし出張費用や処分費用がかかるため、お金を用意してから依頼するようにしてください。

手間が掛かるが料金はかなり安い

家電を無料で引き取ってくれるサービスなら、ほとんど費用をかけずに廃棄処分してくれます。ただし自分で郵送しなければいけない分、梱包などの手間がかかってしまうことは覚えておきましょう。

無料サービスを利用する際のよくある疑問点

なぜ家電を引き取ってくれるの?

世の中に普及する家電は、通称都市鉱山と呼ばれています。その理由は、各家電の中に僅かながら希少金属と呼ばれる金属が含まれているからです。電子基板などに含まれたその金属をかき集めて売却すると利益につながることから、家電を引き取る業者が増えています。

どうして無料での引取が可能なの?

家電の引取に関して送料以外かからない理由は、そういった業者の多くが出張引き取りなどのサービスを行っていないからです。郵送費用などを負担してもらうことで、収集にかかるコストが減り顧客の負担も少なくなるのです。

引き取った家電をどうしているの?

この疑問への回答は、前述した2つの疑問へもつながります。家電を引き取った後は希少金属を回収していると述べましたが、それ以外にも使える家電は修理して安く販売したり、外国へと輸出したりすることで利益に変えているのです。

どんなものでも回収してくれるの?

家電の引き取りを無料で行ってくれる業者は、ホームページ等に無料回収している物をリストアップしている場合が多いです。まとめて郵送すれば送料も削減できるので、売りたいものがある場合はまずリストを確認すると良いでしょう。

アポなしで持ち込んでも回収してくれるの?

業者によって持ち込み回収に対応しているかどうかは異なります。また対応していても、予約無しでの回収を断っている業者は少なくないので、事前に連絡しておくと良いでしょう。

広告募集中